HOME第1講 アガリクスとは何? › 学名アガリクス・ブラゼイ・ムリル

学名アガリクス・ブラゼイ・ムリル

生アガリクスとは

生アガリクスの学名は、アガリクス・ブラゼイ・ムリル(Agaricus blazei Murrill、今日では Agaricus subrufescens とも呼ばれる)と、いいます。和名はヒメマツタケと呼ばれるきのこです(『原色日本新菌類図鑑』)。通称「アガリクス」とか「アガリクス茸」などといいます。
市販されているアガリクスあるいはアガリクス茸製品には、乾燥させたものや菌糸体の抽出物などがありますが、「生アガリクス」というのは、アガリクス・ブラゼイ・ムリルを収穫した直後の生のきのこのことです。
最近では、アガリクスががんに効果的であることが本やホームページなどでさかんに紹介され、アガリクスの抽出エキスや菌糸体の抽出エキス、あるいはその乾燥粉末が高値で市販されるようになっています。



生アガリクスは健康食品

しかし、ブラジルのピエダーテ地方の人々は、アガリクスの抽出エキスや乾燥粉末を飲んでいたのではなく、アガリクスを調理して食べていたわけですから、生のアガリクスを食べることが健康にいいことは間違いありません。しかも、抽出エキスや乾燥粉末では、本来のアガリクスの有効成分がすべてそのまま含まれているとは限りません。
生アガリクスを食べることで、すべての成分を体に取り入れることができるのです。ブラジルのピエダーテ地方の人々は、生アガリクスを食べて健康を維持してきたわけですから、生アガリクスはがんに限らず、健康を維持するためのすぐれた健康食品ということができます。

阿賀陸輔博士のアガリクス講座

博士に質問:FAQ

引用文献一覧

アガリクスNews

長野県産アガリクス100%エキス

教えて!認知症


このページのトップへ
株式会社小野経営サポート 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F (C) 2011 阿賀陸輔博士のアガリクス講座. All Rights Reserved.