HOME › 第3講 アガリクスはどのようにがん細胞に作用するのか?

第3講「アガリクスはどのようにがん細胞に作用するのか?」

がんを攻撃する免疫細胞の活性化

ヒトの体は、細菌などの異物が体内に侵入するのを防いだり、侵入した細菌を殺す(排除する)機能を持っていて、その機能を免疫系といいます。その免疫系では、侵入した細菌を殺す働きを持つ細胞(白血球、ナチュラルキラー細胞、マクロファージ、Tリンパ球など)や、異物を排除するのに役立つ物質(=抗体)を作り出す細胞(Bリンパ球など)が体を異物から守るために活躍しています。

がん細胞は、もとは自分の体の一部であった正常細胞に異常が起こった結果発生するものです。がん化した細胞は、免疫細胞が異物として認識することから免疫細胞の働きで排除されるのです(すべてのがん細胞が免疫機能で排除されるとは限りません)。
ここで、実験を見てみましょう。

【実験】
腫瘍細胞を移植したマウスに、アガリクス抽出液を投与すると、生理食塩水を投与した対照群と比べて、がん組織の周囲に免疫細胞(リンパ球)が集まっているのが観察されました。(右図)
これは、がん細胞を攻撃するために集まってきたもので、アガリクス抽出液によって免疫機能が活性化されたと考えられたのです。
(この実験結果は、ホクト株式会社と信州大学医学部の共同研究によるものです)


これらの結果により、生アガリクス抽出物は、マウスの免疫担当細胞を活性化することで、腫瘍の発育を抑制することが示唆されました。

アガリクス熱水抽出物の長期間の蛍光投与による正常マウスの肝臓リンパ球の増加

脾臓は、血液中から異物を除去する濾過器の役割を持っていて、濃縮された異物は脾臓中のリンパ球やマクロファージなどの免疫細胞の働きにより除去されます。
アガリクスの抽出液を口から投与したマウスでは、脾臓のTリンパ球数が増加したことから、アガリクス抽出液は継続的な免疫作用に関係するTリンパ球を増加させたものと思われます(M. Mizuno et al, Bioscience, biotechnology, and biochemistry 62, 434-437, 1998 )。

単球やマクロファージというのは、初期の免疫作用で活躍する細胞です。アガリクス抽出液を投与したマウスでは、これらの増加が確認されましたから、アガリクス抽出液は、素早い免疫反応に関係する免疫細胞を増加させたものと考えられます(A. Nakajima et al, International immunopharmacology 2, 1205-1211, 2002)。

つまり、アガリクスは、免疫の仕組みの初期に直ちに働く細胞と、以後、継続的に働く細胞のどちらも増加させるといえますね。




次ページ 「がん細胞にも異常細胞の自滅プログラムを誘導」

第4講 がん患者に対するアガリクスの効果 第2講 アガリクスの驚くべき力
阿賀陸輔博士のアガリクス講座

博士に質問:FAQ

引用文献一覧

アガリクスNews

長野県産アガリクス100%エキス

教えて!認知症


このページのトップへ
株式会社小野経営サポート 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F (C) 2011 阿賀陸輔博士のアガリクス講座. All Rights Reserved.