HOME第3講 アガリクスはどのようにがん細胞に作用するのか? › 今期待される免疫療法

今期待される免疫療法

免疫とは

ヒトの体を健康に保つために、体内に入った病原体や、がん細胞など異常な細胞を排除するための機能が免疫です。同じ病原体が進入してきたときに、病気にかからなかったり、症状が軽かったりするのは、免疫細胞がその病原体を記憶しており、より早く免疫機能が働くからです。
幼児期にポリオやジフテリア、破傷風のワクチンを接種したり、流行前にインフルエンザの予防接種を受けたりするのは、人工的に弱毒化した細菌やウイルス等の病原体を前もって免疫細胞に記憶させることで病気にかかりにくくするためです。



免疫にかかわる細胞

体を構成する細胞にはいろいろな種類があります。このうち、免疫機能を担当しているのが、リンパ球・マクロファージ・好中球などの細胞です。リンパ球には、ナチュラルキラー(NK)細胞とB細胞、T細胞があります。

NK細胞はウイルス感染細胞やがん細胞などを殺傷する能力をもっています。B細胞は抗原(=病原体)に特異的に結合して無毒化する免疫グロブリンというタンパク質(=抗体)を産生します。

T細胞は2種類に大別されます。一つは細胞傷害性T細胞といって、ウイルスに感染した細胞やがん細胞を殺傷する能力をもっています。もう一つはヘルパーT細胞といって、他の細胞に作用する物質(=サイトカイン)を産生してB細胞の抗体産生を活性化したり、他のT細胞を活性化したりします。マクロファージには、細菌などの異物を貪食して殺菌する作用があります。好中球もマクロファージと同じ働きをします。このように、多くの種類の細胞が免疫にかかわっているのです。



免疫療法とは

がん治療における免疫療法とは、免疫担当細胞、サイトカイン、抗体等を活性化する物質を用いて、免疫機能を高める治療法です。がん治療として現在広く行われている外科療法、化学療法、放射線療法に続く、第4の治療法として期待されています。免疫療法には、細胞免疫療法・ワクチン療法・サイトカイン療法・BRM療法・投体療法・遺伝子療法などがあります。

阿賀陸輔博士のアガリクス講座

博士に質問:FAQ

引用文献一覧

アガリクスNews

長野県産アガリクス100%エキス

教えて!認知症


このページのトップへ
株式会社小野経営サポート 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F (C) 2011 阿賀陸輔博士のアガリクス講座. All Rights Reserved.