HOME › 第7講 生アガリクスは安全だ

第7講「生アガリクスは安全だ」

ラットやマウスで安全確認

アガリクスの安全性がよく問題にされますが、薬としてではなく健康食品として毎日食べる生アガリクスに、健康を損ねる作用があるようでは問題ですね。

そこで、生アガリクス抽出液について、動物に対する毒性を確認する試験として、①単回経口投与試験、②28日間反復経口投与試験、③90日間反復経口投与試験、④小核試験が行われました。「経口」とは口からということです。小核試験とは、染色体の異常を引き起こさないか確かめる試験のことです。
その結果、どの試験でもアガリクス投与による毒性は見られず、動物での安全性が確認できたのです(ホクト株式会社 稲冨ら、応用薬理 70, 93-95, 2006,ホクト株式会社 稲冨ら、応用薬理 71, 37-46, 2006,ホクト株式会社 稲冨ら、応用薬理 71, 51-59, 2006,ホクト株式会社 稲冨ら、応用薬理 71, 47-50, 2006)。




ヒトで安全性確認

こうして動物実験で安全性が確認できたので、今度は人で安全性試験が行われました。
①正常高値血圧者および軽症高血圧者に対する生アガリクス抽出液の長期摂取の安全性試験、②健常者に対する生アガリクス抽出液の過剰量摂取の安全性試験、③正常高血圧者に対する生アガリクス抽出液の過剰摂取の安全性試験、をそれぞれ行ったところ、全ての試験でアガリクス摂取による有害事象は見られず、十分な安全性が確認されています(ホクト株式会社 小林ら、薬理と治療 34, 1323-1341, 2006,ホクト株式会社 榎ら、薬理と治療 34, 1247-1257, 2006,ホクト株式会社 稲冨ら、薬理と治療 34, 1311-1321, 2006)。私も大いに安心していますよ。

ラットにおける中期多臓器発がん試験も

最近、国の研究機関においてアガリクスを原料とした加工食品を用いて、ラットの中期多臓器発がん性試験を行った結果、発がんプロモーション作用(それ自身ががんを引き起こすのではなく、他の発がん物質による発がん作用を促進する作用)が認められたという発表がありました。
そこで、生アガリクス抽出液についても同様の実験が行われましたが、生アガリクス抽出液に起因する発がんプロモーション作用は認められませんでした(Y. Doi et al, Food and chemical toxicology 48, 402-408, 2010)。

生アガリクス抽出液を用いた実験の詳細


第8講 アガリクスはいろいろ活用できる 第6講 アガリクスのどんな成分が有効なの?
阿賀陸輔博士のアガリクス講座

博士に質問:FAQ

引用文献一覧

アガリクスNews

長野県産アガリクス100%エキス

教えて!認知症


このページのトップへ
株式会社小野経営サポート 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F (C) 2011 阿賀陸輔博士のアガリクス講座. All Rights Reserved.