HOME › 第4講 がん患者に対するアガリクスの効果

第4講「がん患者に対するアガリクスの効果」

QOLの改善

QOL(Quality Of Life)をご存知ですか? これは、クオリティ オブ ライフと読み、人間らしい充実した生活や暮らしのレベルのことです。がんを治療中の方には、その維持や改善が求められているのです。

韓国での臨床試験ですが、抗がん剤治療中の婦人科系がん(子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん)患者の方に、抗がん剤の投与と併せて、アガリクスの抽出液を飲用してもらいました。その結果、アガリクスを飲用した患者39人と飲用しなかった患者61人を比較したところ、飲用患者で免疫細胞であるナチュラルキラー(NK)細胞の活性が高まったというのです。
さらに注目すべきは、化学療法(抗がん剤)の副作用による食欲低下・脱毛・情緒不安定・脱力感などが、アガリクス抽出液の飲用によって改善されたことです(W. S. AHN et al, International journal of gynecological cancer 14, 589-594, 2004)。

アガリクスの投与が、がん患者のQOLの改善にも役立ったのですね。




進行がん治療患者の免疫力増強

進行がん治療患者の免疫力増強

我が国では、腹部巨大腫瘍とその肺転移が認められた進行性のがん患者に、アガリクスの抽出物の投与が試みられました。
この患者は、抗がん剤と手術によって一度はがんが取り除かれたものの、その後、肺転移が認められて、再び化学療法が施されました。でも、肺に転移したがんは回復せず、免疫力低下などの副作用が続いたそうです。
この副作用を軽減するため、アガリクス抽出物の飲用を始めたのですが、その結果、免疫細胞のナチュラルキラー細胞やヘルパーT細胞が増加しました。

このことから、アガリクスの抽出物の投与が、進行がんでも、免疫細胞を活性化させ、治療に有効であると報告されているのです(横野さん他、医学と生物 133, 1996)。

がん患者へのさまざまなケア

がんでは、食生活・心の問題・コミュニケーション・生活・さまざまな症状への対応など、治療中にはいろいろなケアが必要になります。
例えば症状としての「痛み」。痛みという感覚は、本来、それを感じた生体が、手や足をひっこめたり、その部分をかばったりして、体へのダメージを食い止めるための危険信号の役割を果たしています。しかし、がんによる痛みは、危険信号の役割はなく、人にとっては無用の痛みです。かえって、脈拍や呼吸が速くなったり、血圧が上がったり、あるいは、食欲不振や不眠など、いろいろな悪影響が出ます。
WHO(世界保健機関)では、「がんの痛みは治療できる症状であり、治療すべき症状である」と提言しています。痛みに対する治療を受けることは患者の権利であり、痛みを取ることで、患者は有意義な時間を過ごすことができるのです。緩和ケアもその一つです。

緩和ケアとQOLの改善


第5講 アガリクスによる実際のがん治療 第3講 アガリクスはどのようにがん細胞に作用するのか?
阿賀陸輔博士のアガリクス講座

博士に質問:FAQ

引用文献一覧

アガリクスNews

長野県産アガリクス100%エキス

教えて!認知症


このページのトップへ
株式会社小野経営サポート 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F (C) 2011 阿賀陸輔博士のアガリクス講座. All Rights Reserved.