HOME › 第5講 アガリクスによる実際のがん治療

第5講「アガリクスによる実際のがん治療」

現代のがん治療

日本人の死亡原因は、1981年以来ずっと、がんが第1位を占めていることはご存知ですね?

今、そのがんの治療はどのように行われているのでしょうか? おおまかに言うと、①外科療法、②放射線療法、③化学療法の三つです。
外科療法は、主に手術によりがんを取り除く方法です。この場合、すべて取り除ければいいのですが、一部でも残っていると、再発の可能性があるのです。

放射線療法は、放射線を当ててがんを殺す方法です。この場合、局所的ながんには効果的ですが、全身に広がったがんを殺すことは困難です。また、がん細胞だけでなく正常な細胞まで傷つけてしまうという副作用があります。

化学療法は、抗がん剤を投与して、その毒性によってがんを殺す方法です。その作用は非常に強く、発育中の正常な細胞も傷つけてしまうため、髪の毛が抜けたり、貧血、白血球を減少させるなどの強い副作用もあるわけです。

これらが、がんの主な治療法ですが、最近では、「生体応答調節物質(BRM;Biological Response Modifier)」を使った免疫療法が注目を集めているんです。つまり、生体が持つ免疫機能を上げることでがん細胞を殺すという治療法です。
アガリクスのような免疫力を高める食品も、BRMとしての利用が期待されています。




補完代替療法によるがん治療

補完代替医療って聞いたことがありますか? これは、現在私たちが受けている現代西洋医学を補う(補完)医療と、西洋医学にとって代わる(代替)医療をまとめて言ったものです。免疫療法などの高度先進医療も、通常医療の範囲でないことから、補完代替医療として扱われる場合があります。補完代替医療には気功や指圧なども含まれ、その範囲は非常に広いのですが、健康食品(サプリメント)を利用する人がそのほとんどを占めています。

抗がん剤を用いる化学療法では、副作用により患者のQOLを著しく低下させることから、代替医療の方が、三大療法より全体として効果があると主張する機関もあるほどです(アメリカ議会技術評価局)。

中国では「医食同源」と言いますね。国立がんセンターの「がん防止12か条」の第1条にも、「がんの予防は食事から」と記されているんですよ。健康食品の中でも、アガリクスなどきのこ類による代替医療の研究はさかんに行われていて、その効果は大変期待されています。


代替療法によるがん治療

がんの補完代替医療ガイドブック

『がんの補完代替医療ガイドブック』は、厚生労働省がん研究助成金による事業として、2006年4月に第1版が、2010年4月に第2版が発行されています。このガイドブックは、その目的を「これは、医療機関で 『がん』 の治療を受けながら民間療法をはじめとする補完代替医療とどのように向き合い、利用したらよいのかを考えるためのガイドブックです。決して個人の責任で実施するさまざまな療法を制限するものではなく、また特定の療法を勧めるものでもありません」としています。このガイドブックには、アガリクスを含む健康食品やプロバイオティクス(発酵食品に含まれる乳酸菌など)、さらにアロマセラピー、漢方薬、鍼灸、エクササイズなど「補完代替医療の最新情報」が記載されています。

アガリクスは免疫細胞を活性化する


第6講 アガリクスのどんな成分が有効なの? 第4講 がん患者に対するアガリクスの効果
阿賀陸輔博士のアガリクス講座

博士に質問:FAQ

引用文献一覧

アガリクスNews

長野県産アガリクス100%エキス

教えて!認知症


このページのトップへ
株式会社小野経営サポート 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F (C) 2011 阿賀陸輔博士のアガリクス講座. All Rights Reserved.