HOME第6講 アガリクスのどんな成分が有効なの? › β-グルカン

β-グルカン

β-グルカンの構造

きのこ類のβ-グルカンは、ブドウ糖(グルコース)が直線的につながった部分[(1-3)-D-グルカン]と、その直線構造から枝分かれした部分[(1-6)-Dグルカン]が不規則につながった構造をしており、結合するブドウ糖の数や枝分かれの場所や数などによって、抗がん作用の強さが異なるといわれています。

β-グルカンはほとんど消化吸収されませんが、腸管での免疫反応に作用したり、ごく一部だけ吸収されて、免疫反応に作用すると考えられています。
これらの作用の分子レベルでの仕組みはまだ解明され始めたところですが、いずれ、きのこの成分の免疫賦活作用が科学的に証明されることでしょう。


多糖体β-グルカン
阿賀陸輔博士のアガリクス講座

博士に質問:FAQ

引用文献一覧

アガリクスNews

長野県産アガリクス100%エキス

教えて!認知症


このページのトップへ
株式会社小野経営サポート 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F (C) 2011 阿賀陸輔博士のアガリクス講座. All Rights Reserved.