HOME第4講 がん患者に対するアガリクスの効果 › 緩和ケアとQOLの改善

緩和ケアとQOLの改善

緩和ケアとは

緩和ケアとは、「生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、疾患の早期より痛み、身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな(霊的な・魂の)問題に関してきちんとした評価をおこない、それが障害とならないように予防したり対処したりすることで、クオリティー・オブ・ライフ(生活の質、生命の質)を改善するためのアプローチ」と定義されています(WHOによる)。

緩和ケアは、がんが進行した時期だけではなく、がんの診断や治療と並行して行われるべきとされています。がんと診断されれば、気持ちがひどく落ち込んだり、落ち着きを失ったり、不眠になることがあるでしょう。また、抗がん剤や放射線治療で食欲がなくなったり、吐き気などの副作用が起こることがあります。また、痛みが強いままでは、がんの治療自体も辛いものになってしまいます。

緩和ケアの考え方を、治療の早い時期から導入することで、こうした辛い症状を緩和しながら治療を行うことができるのです。



QOLの改善

たとえがんの治療が難しくても、患者には何もできないということではありません。痛みや吐き気、食欲不振、孤独感、気分の落ち込みなどにもかかわらず、自分らしさや生活のスタイルを保つこと。緩和ケアは、それぞれの患者のQCL(生活の質・生命の質)が保たれるよう、医学的な側面に限らず、幅広く対応することになります。

阿賀陸輔博士のアガリクス講座

博士に質問:FAQ

引用文献一覧

アガリクスNews

長野県産アガリクス100%エキス

教えて!認知症


このページのトップへ
株式会社小野経営サポート 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F (C) 2011 阿賀陸輔博士のアガリクス講座. All Rights Reserved.