HOME › 第1講 アガリクスとは何?

第1講「アガリクスとは何?」

「神のきのこ」と呼ばれる

「神のきのこ」と呼ばれる

みなさんは、「アガリクス」という名前を聞いたことがありますか? アガリクスはきのこの一種で、日本ではヒメマツタケと呼ばれています。

その昔、ブラジルのピエダーテ地方の人々は長寿で知られていました。その長寿の秘密を調査したアメリカの学者が、ピエダーテ地方の人々が古くからアガリクスを常食してきたことに注目したわけです。

「長生きはアガリクスのおかげ」と考えた長寿村の人々は、アガリクスを「神のきのこ」とか「太陽のきのこ」と呼びはじめたそうです。




生のアガリクスが体にいい

生のアガリクスが体にいい

アメリカの学者の発見をきっかけに、薬用としてのアガリクスの研究が始まりました。
アガリクス自体が手に入りにくかったことから、最初はとても高価でしたが、1970年代から人工栽培できるようになり、1990年代には栽培法も確立したのです。アガリクスの安定生産が可能になったことから、その生理的作用を調べる研究もさかんに行われるようになり、今日までにさまざまな有効成分も発見されているんですよ。
その後、アガリクスの抽出エキスや粉末が市販されるようになって、みなさんも手に入れることができるようになったわけですね。
でも、アガリクスの未知の効果はまだいろいろあって、自然に近い状態で食べていただくのがいいと考えています。
薬というより、健康食品と私は考えています。みなさんはどうですか?

健康食品

健康食品やサプリメントで、がんの代替療法として使用されているものには、ビタミンAサプリメント・ビタミンCサプリメント・ビタミンEサプリメント・大豆サプリメント・ハーブ製品・サメ軟骨などいろいろあります。健康食品として、広く使用されているアガリクスもその一つです。今、これらの健康食品やサプリメントの有効性や安全性を科学的な方法で評価しようという気運が世界的に高まっています。

学名アガリクス・ブラゼイ・ムリル


第2講 アガリクスの驚くべき力
阿賀陸輔博士のアガリクス講座

博士に質問:FAQ

引用文献一覧

アガリクスNews

長野県産アガリクス100%エキス

教えて!認知症


このページのトップへ
株式会社小野経営サポート 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F (C) 2011 阿賀陸輔博士のアガリクス講座. All Rights Reserved.